ゼニカル 死亡

ゼニカルを飲んで死亡!?真相は?

 

「ゼニカルを飲んで亡くなった方がいる」という噂があります。

 

ちょっとビックリですが、これは事実です。

 

しかし、ゼニカルが死因ではないといわれています。

 

どういうことか、くわしく説明しましょう。

 

 

ゼニカルが死因ではない

 

 

ゼニカルを使った方が死亡したという事例はあります。

 

米国食品医薬品局によると、
ゼニカルを使って重い肝機能障害にかかった人は13名いて、
その中の2名が命を落としている
ということがわかっています。
参考文献:国立医薬品食品衛生研究所http://www.nihs.go.jp/dig/sireport/weekly8/14100708.pdf

 

 

しかし、米国食品医薬品局はゼニカルのせいで死亡したわけではないと断定しています。

 

まず、(当時)ゼニカルの使用者が4,000万人もいたこと。

 

その中の2名が死亡したとしても
比率的に「ゼニカルの影響である」とは言えません。

 

 

それから、肝機能障害にかかった13名のうちには、
「元々肝機能障害にかかりそうな要素があった方」や
「ゼニカル以外の薬も使っていた方」
が何人かいました。

 

また、肝機能障害は医薬品を使っていようがいまいが、いきなりかかる場合もあります。

 

したがって、ゼニカルを使った人が肝機能障害になっても、
薬のせいだという根拠はないということです。

 

 

このようなことから、
米国食品医薬品局はゼニカルが死因とは判断していません。

 

 

ゼニカル以外のダイエット薬は危険なものが多い

 

 

ゼニカルについては安全性は問題ないと言っていいでしょう。

 

しかし、ゼニカル以外のダイエット薬品には気を付けなくてはなりません。

 

死亡例があるものが複数存在するからです。

 

代表的なのは、フェンフルラミンです。

 

 

以前、フェンフルラミン配合のダイエット薬を使って多くの人が命を落としたという報道がありました。

 

フェンフルラミンには食欲を下げる作用があるため、
ダイエット薬として売れていました。

 

しかし、フェンフルラミンには肺高血圧症や心臓弁膜症などの副作用のリスクがあり、
死に至ってもおかしくないことが判明しました。

 

そのため米国と日本ではフェンフルラミンが認可されていません。

 

 

それからシブトラミンにも気を付けなくてはなりません。

 

この薬にも食欲を下げる作用がありますが、
心筋梗塞や心臓発作を招く場合があり、それにより死亡する可能性があることが判明しています。

 

いずれも飲んではいけません。

 

 

ゼニカルのリスクはかなり低い

 

 

さきほど挙げたダイエット薬は危険です。

 

ですが、ゼニカルについてはリスクが非常に低い薬といえます。

 

 

ゼニカルは肥満改善のために医療機関で出されることがある薬だからです。

 

正規の肥満改善薬であり、安全性はとても高いといえます。

 

 

もちろん、副作用が起きる確率はゼロではありません。

 

最も発生しやすい副作用は下痢です。

 

ゼニカルには脂肪を身体の外に出す働きがありますが、
その影響で下痢になることがあります。

 

あとは、腹痛・おならが出やすくなるなどの副作用もあります。

 

しかし、重い副作用が出る可能性は少ないです。

 

今使用されているダイエット薬のうちでは、トップクラスでリスクが低いものだと思います。

 

 

PS

 

医療機関でゼニカルを買おうとすると、保険がきかないので、
かなりの出費になってしまいます。

 

そこで、通販で購入すれば安くて済みますよ。

 

ゼニカルの通販についてはこちらでお伝えしています

 

【ゼニカルの通販】ゼニカルが一番安い通販をご紹介